3・11から一年。

とうとう、一年が経過しました。
あの震災から・・・。あっという間だったような気がします。
あの日から日本は揺れ続け、未だに復興とは言いがたい状態に居ます。
けれど、遠隔地の人々はその震災の痛みを忘れているように思います。
去年の時のように自粛するだけではダメです。喉もと過ぎれば、その時だけ・・・では、
何もした事にはなりません。
時がたってこの1年目。今こそ去年以上にあの震災に付いて考えて行動しないと。

たとえば花見を自粛しろとかそう言うことではなく、今もまだ震災の深刻な影響の渦中に居る人々の為に何が出来るのか、些細な事でも心を寄り添わせる事だけでも違うと思います。

日本の産業もこの震災で今だに影響から立ち直っていない所も多いと思います。
3・11は大きな節目として、毎年思い出す切っ掛けを、今の日本を見直す切っ掛けの日として継続していくべきじゃないかなと思いますね。

一日も早く、震災で被害を受けた人々が立ち上がれるように祈っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

You Might Also Like

Trackback