大豆粉パン作ってます☆(レシピつき)

前回、10回目にしてようやく成功した大豆粉パン。
その後、HBの自動コースで出来ないかと試してみましたが、やはり条件が合わないのか膨らまない事が分かり、最終的にうちのHBでは生地コース(うどん)と早焼き機能の二つを使う事できちんと焼けるという事が判明しました。

という訳で、レシピを。同じシリーズのHBの方はこれで試してみると良いかもしれません。(100%焼ける確約はしませんが)

低糖質大豆粉パン PanasonicHBSD-BMS105←※最新型では有りません

材料
大豆粉(みたけ)      50g 失活大豆粉。大豆粉の中では特有のにおいが少ないですが、膨らみにくいと有名(汗)メーカーによっていろいろ個性有るようです。
ナッツ粉          20g アーモンドパウダー。製菓材料のコーナーにあります。
グルテン(ユウテック)   100g グルテンもメーカーによって相性が有るので、余裕があれば色々試してみるといいかも。
             2個
牛乳            70g
クリームチーズ       40g
ヨーグルト         75g プレーン、もちろん無糖のもの。

             2g
グァーガム         4g 大豆粉パン作るなら有った方が良いです。(通販で購入しました)
ラカント          2g 顆粒タイプ。
赤サフ           5g イースト菌。重要。カメリヤでは膨らみません。
油脂(オイルorバター)   10g バターでもオリーブオイルでもお好みで。


事前準備:
牛乳、クリームチーズ、ヨーグルトを温める(50℃くらい)卵も人肌程度に温める。
パンケースに熱湯を入れて温めておく。温まったらお湯を捨てて拭いておく。
パンケースに油脂とイーストを除く材料を入れる。
まず卵、液体材料(牛乳、ヨーグルトなど)、最後に粉類を入れると良いです。
粉類は計量後混ぜておくと良いです。私はビニール袋に入れて振って混ぜまてます。
こね15分 ねかし20分 こね15分 で生地をこねる。


1回目のこねで5分経過後、生地が纏まったら油脂を入れる。15分後ベーカリーが
止まったら20分ねかす。20分後、再びこね15分開始。この時点でイーストを(生地を見ながらまんべんなく振り入れると良いです)投入。こねが終わったら、一旦生地を取り出し、羽根を外して再び生地を手早く形を整えて容器に戻し早焼きコースをスイッチオン。
(早焼きコースの練りの時間を発酵に充てる)

daizupan_11.png
↑上手く発酵するとこの位は膨らみます。
※こね15分終わったら、そのまま放置して(ピー音がする場合は一旦停止ボタン押す)タイマーなどで20分計っておきましょう。
20分後、再びHBをこねコースに設定してスタートを押します。

焼き上がり直後。

daizupan_12.png


●小麦の香りも楽しみたい方は、一部を強力粉に変えると良いですが、そのぶん糖質は上がります。
なお、入れ替える場合は、アーモンドパウダーで調節すると良いと思います。
(グルテン量を変える必要が無いので)
今回はアーモンドパウダー20gのうち、10gを強力粉に変えています。

卵は2個使わないと膨らみません。1個じゃダメでした(苦笑)
牛乳はお湯に変えても良いです。50度位の方が良いです。本などで35度とか書いてありましたがだめでした。
恐らくこねている間に他の材料で温度が下がる為、イースト菌(赤サフ)が活発に活動しない為と思われます。
一回目のコネの時にはイースト菌を入れず、まず生地をこねつつ、水分を大豆粉やグルテンに馴染ませるのが目的。多少生地がべちゃっとしてますが、その方が良い感じです。
イースト菌は赤サフ(糖分の少ない生地の方が膨らむ種類のもの)が良いです。カルディとか成城石井とかそういう感じの所で売ってます。フランスパンなんかに主に使われてるそうです。
↓こういうパッケージのイーストです。サフ社のインスタントイースト菌、ラベルが赤だから通称<赤サフ>というらしいです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サフ インスタントドライイースト 赤 125g
価格:465円(税込、送料別) (2017/11/27時点)



ザクとは違うのだよザクとは(古い)

●20分の寝かしで温度も適度に下がり、記事にも水分と油分が行き渡り、2回目のコネでイースト菌を投入するとちょうど発酵に良い感じになると思われます。40度くらいに下がるものと思われます。

焼きあがったパンは、こんな感じ。縦にして置いておくと良いです。横に寝かすと潰れました(苦笑)

daizupan_13.png

大豆粉onlyよりは強力粉のお陰で大豆粉パン特有の香りがやや軽減しています。

●グァーガムとはグァー豆から作った増粘安定剤で、パンやお菓子などいろいろな食材に使われています。保水性を高めて、伸びにくい大豆粉の生地を伸ばすのに役立ちます。また、血糖値が上がらないので、片栗粉の代わりなどにも使えます。手作り化粧品のとろみ付けに使う事も有るみたいですね。


私はパン用に大袋購入しましたが(ヤッチマッタナー/(^o^)\)、お値段は決して安くは無いので、上のお店の様な少量で売ってるのを使うと良いと思います。使用量も一回4グラムほどですし。。。店舗で買えたらなお良しですね。



まあぶっちゃけ、小麦のパンに比べたら美味しくは無いですが、糖質制限や低糖質ダイエットなどをしている方はこういう感じでパンを楽しむ方法が有るという事で。

因みにこのパンに合うトッピングはハムとかツナマヨとか、オープンサンドイッチ的な、そういうおかずパン的なものが合うかなと思いました。(大豆の匂いが軽減するので)また、薄めに切って、トーストしたほうが美味しいです。

という訳で、色々やってみた結果、このレシピが一番安定していました。現在朝食はこれを食べています。
まだ粉が残ってるんで・・・・(笑)次は低糖質麺類にも挑戦してみたいかも。

これにて、私の大豆粉パンチャレンジはゴールに到達したと思います。やり遂げたぞ!!
ヽ(≧∀≦)ノ


注意事項:
このレシピはネット上の色んな個人サイトさんや、COOKPAD、購入した書籍等に掲載されていた、色んなレシピを試して失敗を繰り返したのちに辿り着いたレシピです。
あくまでも私の持っているHB(ホームベーカリー)の場合、そして使用した材料(大豆粉とかグルテンとか)での成功なので、使用しているHBの機種や、使った材料のメーカーなどによっては思う結果が出ないかもしれませんので、ご了承くださいね(・Д・)ノ



↓いつも応援ありがとうございます。ぽちっとしていただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback