2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.03.13 (Sun)

台湾一人旅の準備:2 台南日帰りは難しいらしい。あと、少し問題アリ。

と言うわけで、大まかな旅行の枠組みを決めようと思い、旅のしおりなんてものを自作する。
年よりは脳内に全部しまって管理して置けないので、しおりがあると安心するのです。
でも、旅のしおりって楽しいよね!作ってるうちになんかもう行けちゃう気になっちゃいますね(苦笑)

で、大まかに作って印刷して、眺めてみると、2日目がまるっと空いているので、そうだ、この日は台南へ行こうと思ったわけです。
ブログとか見てると、台南へ日帰りしてる人も結構居たので、台湾新幹線使えばいけるんじゃないかな?と。
ちなみに料金的には高速バスがお勧めということですが、往復8時間掛かるので、日帰りは無理・・・。
新幹線なら、1時間40分。名古屋から東京までの日帰り旅行だと思えば行けなくも無いかな?料金的には京都~名古屋間位だし・・・。

なんて思って台南の友人にメール送ったら、

不建議(お勧めしません)、と返信が来ました。色々調べてお母様と相談もしてくださったようで、大体翻訳してみると、

「新幹線は1時間40分だけど、駅に滞在する時間を考慮すると往復でプラス1時間。
往復で結局6時間掛かるから止めた方がいい、22時には新幹線無くなるし、すごく疲れるし、時間がもったいないよ!」


と言う事でした。・・・そう言われてみると、確かに朋友の言う通りです・・・(っω・`。)

他にも色々とプランを練ってくれましたが、ともかく旅行初心者で一人旅に台北→台南の日帰りはお勧めしない(金銭面的にも時間的にも言語的にも)と言うのが結論でした。ほんとに色々な条件で考えてくれて、感謝です。

ので、今回は見送ることにします・・・。今回は台北に集中するよ・・・。非常多謝朋友~~~!!(((o(*゚▽゚*)o)))
次回は台南を中心に回ることにしようと早々と決めつつ、台北市内の観光を調べている所です。

話は変わって、予約したExpediaって、ぶっちゃけアフターフォローは最悪らしいですね・・・・(汗)
問題なければいいサイトだそうです、問題なければ・・・。

と言うわけで、私が今回勉強したことは

1.海外旅行初心者の方はまず、無理せずにJTBやHISとか店舗がちゃんとある旅行業者にお願いするのが無難だということ。
2.Expediaなどの格安予約サイトは、予約はきっちり取ってくれるけど、業務は基本的に其処までであること。
3.つまり、予約後は、ホテルや航空会社と自分の直接対応になること。
4.Expediaは電話はつながりません(40分くらい待たされるのがザラ、電話応対も最悪。日本の旅行会社のレベルを考えてはダメです。)


つまり、<航空券の名前のスペルが間違ってました~>とか、<ホテルや航空会社がダブルブッキングかましましたー>とか、<予約自体取れてなかった~~~!!>・・・とかそういうのの対応は全部自己責任になるということです。

まあ、航空券の名前のスペル間違いはこれは完全に自己責任だけど、日本の会社だとそれなりに親切に対応してくれるそうです。優しいね・・・

なので、旅行前に、必ず余裕を持って自分自身で直接、ホテルや航空会社などに確認しておくのが無難だということです。

もちろん、何事も無く済む場合のほうが、きっと多いと思うのですが、ね^^;

そんな事を後から知ってしまってうわぁーって感じですが、一応航空券も直接航空会社のサイトにアクセスして予約番号を入力し、予約確認をしました。ちゃんと往復チケットの内容が表示されていました。これを前日オンラインか当日チェックインすればいいのです。
(それでも当日、ヤラレターーー!!!って感じになる可能性は0ではない)

ホテルにもメール送信ボックス使ってメールしてみた(けど今の所返信は無い)
話によると、ホテルにはExpediaという名前で予約してある可能性も有るらしいので、宿泊一週間前くらいにならないと、予約者本人の情報がホテル側に上がらないので、直ぐ確認しても分かりませんといわれてしまう、と言う話も聞きました。

まあ、5月に入ったら改めて確認してみるかな・・・。その場合には朋友の力を借りるかもしれないなぁ。

まだ自分に対して問題が起きているわけではないのに、なにこの不安感(チキン過ぎるwww)

さてはて、どうなりますことやら。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

web拍手 by FC2
08:41  |  紀行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ryulan8.blog130.fc2.com/tb.php/164-b3a00bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |