5年ぶりのメッセージは不幸感満載だった(汗)


※注※本日の日記はいい日記ではありません。気分を害する人も居るかもしれません。心休まる日記が読みたい気分の人はブラウザバックでお戻りください。人間って奴はキタネエよな!上等だ!(笑)って人は自己責任ですが、後で文句は受け付けません。





かれこれ5年以上前、出雲の旅行で知り合った某女子N子さん。その後も某SNSでやりとりして、翌年も出雲へ同行した人なのだが、なんというか・・・。個性的な方だった。いや、うん、なんというか(汗)

端的に言うと、痴女?色ボケ?いや、エロボケSMババア。
某SNSで知り合うと速攻でホテルへ行くそんなタイプ。いや、セフレを探すためにSNSに居るそんなタイプ。
その上特殊なシュミをお持ちで・・・SとかMとかいうやつね。首絞められていくのが好きとか言ってた。ちょwwwどこの薄い本ですか!?
まあね、そんなことはいいんだよ。自己責任だからさ。

たちが悪いのは、超かまってちゃんだってこと。ちなみにこの人たしかもうR50じゃないかな。出会った当時40だったし。
今思えば、当時の私は年上の面倒見てたのか・・・。

↓に書いた事だけでなく、N子は2年の間に3度ほど相手を変え同じ事を繰り返した。(私の知る限り、ヤリ逃げされていたのが2回)これは最後私がぶちきれた事件。

以下箇条書き。
1 N子SNSの恋人募集のコミュに登録して直ぐ異性から友達になりたいとメッセがきた。
2 ホイホイ電話番号教えて携帯でメールやり取りする。
3 男の文面に「会ってエッチしたら自分はSだ」とか言う内容が有ったからと言って「失敗した、変な人だった、携帯番号教えちゃった」 「どうしよう変な人だった」と泣きついて来る。(私はその前の時もほいほい携帯番号は教えるなと言っていた。もう3度目。知らんがなと切れている日記が残ってた)
4 それから一日に何度も「毎日足跡がついてる」「毎日メールが来る」「その男がストーカーかもしれない」とまで言われ、N子にどんな人か見てきて欲しいと、 別に行きたくもない相手(男)のプロフページにまでしつこく誘導されて見に行かされる。(´・_・`)
(何で私がそんな事しないといけないのかとあきれつつも、懇願されて見に行く・・・相手の男もプロフ見る限りまあ低レベルな感じだったので、そのように伝えた)

5 普段からN子からのメールははっきり言って文章とは言いがたい文面だったので 何が言いたいのかさっぱりわからない。
やむを得ず夜中に電話して相談に乗る羽目に。(これは私がお人よしというか馬鹿だったよ・・・)

6 「そんなに嫌なら一切連絡とるな、またヤリ逃げとかされて泣くのはあんたでしょ!?」と私が言い、「そんなに怖いなら着信拒否しなさい」とN子自身の友人達にも言われたのにも関わらず 、男とのメールのやり取りを続け今度はそんなに悪い人じゃないとか言い始めた。

7 結局、N子からのメールは
「今度会う」
「SとMで相性いいかな」
「アバンチュールでもいいかな」
「友人にゴム持ってけって言われた」

・・・・・なんだよそれ。で、散々引っ掻き回しといて私にごめんの一言もなく、 その人(男)の事誤解してるだとか言い始めた。 誰のせいでどうでもいい他人の心象を最悪にさせられたんだよ。 あんたのせいだろあんたの!!!


で、さらにN子のメールは続く。
「その相手と友達登録になるとりゅうらさんが気分悪いだろうから SNS止める」
おーい!?何で私の所為になっているのか意味が分かりませんwwwwwwそもそも、日本語おかしいよね?あんたもうそいつと友達登録してただろ?そんでしつこくメッセ来たり足跡ついてたから私がページ見に行かされたんだろ?え?なに?私がその男と友達登録するってコト?なんで?ホワーイ??

結局、その後N子はデートに出かけ、初対面で全然タイプじゃなかった。とテンション駄々下がりになったらしい。
・・・・が、ホテルに入ったそうだ(ここで既に意味が分からない)
で、エッチが下手だとか最低とかしらけたとか言う(←もっと生々しい)実況メッセを送ってきた(ハァ?)
挙句途中で行為が嫌になったとかで、理由付けて置いて帰ってきたらしい(自慢げに書いてた)

この時点で、当時の私はぶちきれて以降一切の連絡を絶ち、無視。SNSの友達登録も削除。そしてSNSの日記に当時の怒りをぶちまけていた。
(このSNSの日記の過去ログにより、今回のメッセージが誰のもので、どういう事情だったかを思い出すことが出来た(苦笑)
その後半年ほどN子は何度もSNSを退会→再入会しながら友達申請してきたが当然無視。
メッセージ送ってきても即破棄(拒否したいが、何度も再入会をするため毎回アカウントが違うため拒否できない)し続ける。いつしかメッセージも来なくなる。


それから5年の月日が流れ、私の中では思い出すことも無くなって居た。
そして昨日。
SNSにメッセージが一件と表示。
覗きに行くと退会したユーザーと(笑)
またスパムかよ・・・・と思いつつ内容を見れば。

軽くディスられつつ、何か勘違いした恨み節が書いてあった。
簡単に言うと、
「私は悪くないんだ!りゅうらさんが悪いの!りゅうらさんだって美人じゃないくせに人の事いえないよ。だから私はりゅうらちゃんから、離れたんやで。」

「??????」←5分くらい内容の意味が分からなかった。
「だれだこいつ・・・?私の名前と出雲って事は、間違いではない・・・ん?」←それでも個人確定できず
「あああああ、あのエロボケSMババアかwwwww」←SNSの出雲に関する過去日記をさかのぼって読んでいくうちに、N子の存在を認識。


「結局、こいつ、今だに変わってなかったんだなー」(´・ω・)カワイソス


私が友達登録外してから君、アカウント変える度に友達申請してきただろーが(苦笑)何か知らんが私が悪かったのとか意味不明なメッセとか送ってきただろ(無視して破棄したけど)

まあねー、百歩譲って私が100パー悪いとしよう。普通の人なら今が幸せなら、5年も前のこと(しかも自分が悪い)で逆恨みとか、普通はしないし、たとえ恨んでたとしても、5年も経って恨み言のメールとか送るか?普通?(笑)

つまり彼女は、5年前から全然進歩してなかったということ。あの時のまんまなのね。
で、何がきっかけか知らないけど、吐き出したかったんでしょうな。そしておそらくまだ独身だろう・・・。
結婚してたらN子のことだ、まず其処を自慢してくるはずだ。まあそういうこと。

そうそう、文中の美人じゃないとかいう内容も最初は意味が分からなかったけど、思い出した。その当時SNSで知り合った男と会った事があるかとかそういう話になったときが有ったわ。その時に、
「SNSとかで知り合うとさ、メールでどれだけ盛り上がっても余程の美人じゃないと会って一回きりで音信不通とか良くあるよ。こっちも相手が好みじゃなかったら一回会って終わりとか有るけどね」
とは言った。んでもって、
「厳しい事言うけどさ、私もN子もこういっちゃなんだけど、美人じゃないから、それなりに努力しないとねぇ」
と言うようなことは言った。うん、ぶっちゃけ、当時既に40歳のN子は、どう頑張ってもおばさんだったもの。40でも美人いるじゃないと言う人も居るだろうが・・・N子は実年齢より年上に見えたし、美人の範疇でも手放しで可愛いといえる顔でもない。
・・・でも、出雲の旅の間、本気で婚活考えてるって言ってたから、当時私も38歳婚活真っ只中。そういう仲間意識でこっちも本気で相談乗ってたんだけどねー、なんだ、単に綺麗だね可愛いね大丈夫、N子さん美人だもの、直ぐ男つかまるよーって褒めて欲しかったのか・・・。あんたのSMシュミの話を快く聞いてあげればよかったん?

一回会ったら終わりどころか、初対面でヤル事やってコトの最中で置いて帰ってきたと自慢げにメール送ってきた人は誰ですか???

絶対嫌wwwwwぶっちゃけ人間としてキモイわ!!!!

送信者の名前が<退会したユーザー>・・・って事は、メッセージ送って、速攻で退会手続きとったって事。
むしろその為にアカウントとったんだろうねw卑怯な奴です、相変わらずwwこういうところだけ知恵が回るなあ(笑)


最後の一言。
「今まで有難う、それだけ言いたかった」
ちゃうやろ、
「外見の事は、相手も傷つくし言わない方が良いですよ。だから私はりゅうらちゃんから、離れたんやで」 ←が言いたかっただけだろ(笑)よっぽど、美人じゃないって言われたのが悔しかったんだな、5年経っても(苦笑)こだわるべき所がそれかよ。
私だってさー、美人ではないという自覚は有るわけだし、普通の相手に対して外見云々とか普通は心で思ってたとしても絶対に言わないよ。
でもねぇ。あんたの場合は20代ならいざ知らず、40過ぎのおばさんが、SNSで知り合った男とエッチさえすれば後は何とかなる、付き合えるという頭で居る(それで何度も失敗している)から、現実見ろって言いたかっただけだよ。現実見ろって言えなかったから気を使って「美人ではないから、努力が必要だ」って遠まわしに言っただけだよ。「ババア鏡見ろよ、年考えろ」とは言ってないじゃないか(苦笑)

まあ、それでもう二度と関わってこないならかまわんがwまた5年後とかにメッセ来るかもしれないんで、日記に書いて覚えとして残しておこう(笑)

・・・・そんな私ももう43。今年は44歳だ。鏡に映るのは年相応のおばさん。でも、堂々と自分を「おばさん」「おばちゃん」と言える今は、実は気楽である。姪っ子や甥っ子も居るし、43になってなんか精神的にも少し余裕も出てきた。おばちゃんライフを楽しんで行きたいな(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

You Might Also Like

Trackback