チャイルドスポンサーとクリスマス。

と言うわけで、ハロウィンも終わって、今年ももうすぐクリスマスですね。
美味しそうなケーキのCMで心がときめくこの季節。

クリスマスといえば私の中ではもう一つ、心の中で思うことがあるのです。
ワールドビジョンジャパンというNGOで国際協力を少しだけ続けております。
エチオピア(アフリカ)の現在、13歳の女の子を8歳の頃から<チャイルドスポンサー>として支援しております。
今年も写真が送られてきてて、大きくなったなあと思うわけです。あしながおばさんは、今日も日本の空の下、チャイルドの幸せを願ってます。

英語が出来ない私は、あんまり手紙を書かないチャイルドスポンサーな訳で・・・交流が少なめです。
ちょっと申し訳ないかな・・・と思いつつ。(私の手紙が期待されてるかどうかは分かりませんが・・・)

しかし今年はワールドビジョンのHPからカードが送れると言う事で、ためしに送ってみました。
クリスマスに間に合うか分かりませんが、気持ちだけは送れたら良いと思います。

便利すぎる・・・この機能。もう少しカードのデザインが欲しいところですが、今までよりまめに手紙が送れそうです!
英文は・・・なんとか英語の例文を・・・パクって・・・いえ参考にします(苦笑)

ワールドビジョンの報告を見ていると、徐々に私の支援している地域も、住みやすい地域になっているのかな、と楽しみです。
2023年に地域の支援が終了するとの事で、あと8年ですが、彼らが自立して豊かに暮らしてくれることを願っています。

現在、ワールドビジョンはバングラデシュへの支援にも力を入れているようですね。
本当は、私ももう一人支援したいところなのですが、流石にこちらの財政難が厳しいので・・・・。
クリスマスは一時支援でどこかの子供たちに支援できればと思います。

現在、エチオピア(アフリカ)だけでなく、アジアでもバングラデシュや、ほかにも貧困にあえいでいる国々がまだまだたくさんあります。
年端も行かぬ小さな子が3食ご飯食べられないとか、もう胸が痛いです・・・。
3歳の姪っ子が好き嫌い言ってたり、生後1ヶ月ほどの甥っ子がミルクを飲んでいるを見ると、ついつい、支援を待っているであろうチャイルドたちの事を思い浮かべてしまいますね・・・。

はらへったなー、で、すぐにご飯にありつけてしまう・・・。日本人はなんだかんだ言ってもまだ幸せよね・・・。

衣食住足りて礼節を知る という言葉がありますが、
服は布切れでも何とかなる、住は屋根さえあれば何とかなる、でも、食べ物はそうは行かない。
だから、まずは三食、子供たちがおなか一杯食べられる世界になって欲しいと切に願います。

もうすぐクリスマス。パーティーだけがクリスマスじゃないよ。
どこの支援窓口でもかまわない(いろんな支援団体があるからね)けれど、
日本の震災のときにもいろんな国の人が応援してくれたように、
ほんのちょっとだけでも遠い空の子供たちに、温かい支援(気持ち)をお願いします。

もし、ワールドビジョンジャパンに興味をもたれた方は、公式HPを見ていただくか、私に実際支援ってどんな感じなの?と聞いてくださればこんな感じですよーとお返事できると思います。

11月18日追記>ワールド・ビジョン・ジャパン公式よりリンクの許可を頂いたので、リンクバナーを使用させていただきました。
世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン

You Might Also Like

Trackback