2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.06.30 (Mon)

夏越の祓いと神社検定

本日は多くの神社で夏越の祓(なごしのはらえ)が行なわれているかと思います。
そんな訳で私も今日は産土神社(生まれた土地の管轄の神社)である、天王まつりで有名な(?)「津島神社」に参拝してきました!こちらは創建400年ちょいの神社で、織田、豊臣、尾張徳川と有名所が信仰厚く色々寄進してたりする神社です(そんな説明でいいのか)
今年前半の罪穢れや厄をはらい落とし、後半半年の無病息災を願います。
大祓えの祝詞の後、神主さんから渡された紙を切った(よく陰陽師とかに出てくるような、身代わりの紙とかあんな感じのものです)人形(ひとがた)で身体の痛い所とか治したい所を撫でて息を三回吹きかけます。
(なお、当日来られないとかで郵送の場合は、形代に名前と年齢を書き入れて息も吹きかけて封筒に入れて郵送だそうです。ちなみに祈祷料は500円~お気持ちで、との事でした)
この人形は形代(かたしろ)といい、厄を移して後で神社に清めてお炊き上げなりしていただくようです。
なお、地方によっては祓を受ける人自身が海に入ったりする所もあるそうですね。
2014_nagosi_1.jpg

人数が多い所為か昇殿参拝ではなく境内(屋外にて結界の中での)でのお祓いでした。
大祓祝詞を奏上している時は空気もぴーっとしまった感じでした。
<茅の輪くぐり>をした事有りますか?お正月とかに大きな萱で編んだ輪の中を八の字にくぐるあれです。
2014_nagosi_2.jpg
何時見ても神職カッコイイな。(主に衣装が)←オイ

という訳で、今年前半の役も祓ったし~~!一年も残り半分、清清しく頑張りたいですね~☆


ところで昨日、第3回の神社検定がありまして、2級をリベンジ受験してきたんですが・・・。
自己採点ですでに撃沈(笑)まあ、実質一週間もやってなかった訳で・・・(オイ)
5月~6月頭に東京行ったりなんだりで落ち着かなかったので今年は受験見送りの予定が、
職場の方のお誘いで申し込み期限当日に滑り込み申し込みした次第です。
そうそう、受験の帰りにモクモクで夕飯奢って頂けちゃってラッキーでした☆
お誘いしてくれた方はどうだったのかなー、明日仕事で会えたら聞いてみよう(^^;)

神社検定に興味をもたれた方もいるかと思うので、ちょこっと書いておきます。
2級を二回受験して思ったんですけど、ぶっちゃけ普通に参拝したり、お家で神棚祭ったりするのに有意義なのは
3級範囲で充分です。
2級はほとんど日本史です。学校での歴史のお勉強が苦手だったと言う方にはあんまりお勧めできません(汗)
賀茂真淵とか藤田幽谷とか山崎闇斎とか本居宣長とかあたりになって来るともうね・・・。(;´Д`)モォームリ
神宮式年遷宮もぶっちゃけもう20年は無いわけで・・・。今知識仕入れても、次は私60歳ですけど(笑)
あ、来年度の二級は神社のいろは続(日本史的なメインテキスト)+日本の祭り(新しいテキスト)に範囲が変わるらしいので、気持ち新たに受験ってのも良いか・・・。いやもう止めとけって。

あ、そうそう。公式検定テキスト早分かり講座のDVDですが。
ぶっちゃけ役に立たないので。工工エエ━━(━(━(-( ( (゚´Д`゚;) ) )-)━)━) ━━ !!!!!
それよりも、副読本として他所で出してる古事記とか神社の本とか、そっちの方がいいです・・・。
正直、騙されたwwwwと思いましたわ、ハイw
此処重要です、とか、此処ポイントです、とか言われた所、全く出ませんでした!イヤッハー!
d(´Д`_)右ヨシ(_´Д`)b左ヨシ(´∀`)p逝ってヨシ!!!
あ、でもでも、神社検定3級は興味ある人はお勧めと思う。古事記とか好きな人とか神社よく行く人は特に。
お役立ち情報的な、知っておくと良い知識とか結構ありますので~(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
22:29  |  スピリチュアル的な何か  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ryulan8.blog130.fc2.com/tb.php/106-a99646c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |